ヒストリー




4歳 父の奨め、希望もあり、ピアノを始める。
小4 合奏部にてヴィオラ始める。
   夏休みは午前は合奏部、午後は水泳部...ほぼ毎日。
小5 聴音、楽典等の勉強を始める。
小6 何故か合奏部の部長。
中学 校内の合唱コンクールでは常に伴奏。
   軽音楽クラブでバンドをかじる。
   ピアノのレッスンを一時中断。
高校 何故か文化祭の合唱コンクールでは伴奏or指揮。
   友人とバンド活動。洋楽からBOOWYなど。
   音楽の先生に音大を勧められる。
   本格的にピアノ、聴音レッスンを再開。
   音大を目指す。


桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。
二期会オペラ研修所マスタークラス修了。
修了時に、優秀賞およびマスター年次皆勤賞を受賞。


第20回 奏楽堂日本歌曲コンクール入選
第11回 日仏声楽コンクール入選
第16回     〃
第17回     〃
第17回 ソレイユオーディション優秀賞受賞


オペラでは、二期会公演(於:新国立劇場)「魔笛」をはじめ、「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」「椿姫」「ジャンニ・スキッキ」「カルメン」「こうもり」などに出演。 二期会創立60周年記念公演、宮本亜門演出「フィガロの結婚」では、バジリオ役を巧みに演じ、多方面より高評を得、週刊オン・ステージなど紙面でも取り上げられた。 また、バッハ「ヨハネ受難曲」「クリスマスオラトリオ」の福音史家や、モーツァルト「レクイエム」「戴冠ミサ」、ベートーヴェン「第九交響曲」などのソリストとしても活躍。 そのほか「二期会新進声楽家の夕べ」「東京室内歌劇場リートアンサンブルの夕べ」「横浜みなとみらい1$コンサート」など、様々な演奏会への出演から、教育教材の録音、ナレーションや語りなど、幅広い分野で活動を行っている。 これまでに牧川修一、大島幾雄、三林輝夫の各氏に師事。 またこれまで五度に渡りローマに留学、故L.フランカルディ、G.d.ロッコの各氏に師事し、研鑽を積む。

プロフィール プロフィール


主な演奏歴


モーツァルト
  「魔笛」タミーノ、僧侶、武士、モノスタトス
  「コジ・ファン・トゥッテ」フェランド
  「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ
  「フィガロの結婚」バジリオ、クルツィオ

ビゼー
  「カルメン」ドン・ホセ、レメンダード

プッチーニ
  「ボエーム」ロドルフォ(演奏会形式)
  「ジャンニ・スキッキ」リヌッチォ

ヴェルディ
  「椿姫」アルフレード、ガストン

J.シュトラウスⅡ
  「こうもり」アルフレード

バッハ 
  「ヨハネ受難曲」第4稿版 福音史家
  「カンタータ147番」
  「カンタータ BWV211(コーヒーカンタータ)」
  「クリスマス・オラトリオ」
  「ロ短調ミサ」

J.シュトラウスⅡ
  「こうもり」アルフレード

モーツアァルト
  「レクイエム K626」
  「ミサ・ソレムニス」
  「戴冠ミサ」 「雀のミサ」

シューベルト
  「ミサ G-dur D.167」

ベートーヴェン
  「第九交響曲」

ブラームス
  「愛の歌」
  「ジプシーの歌」

サン・サーンス
  「動物の謝肉祭」(朗読、ナレーション)

菊地 雅春
  「めぐる季節・にっぽんの歌」(初演作品)

坂本 貴輝 テノール歌手 teruccio